福島第一原発事故による放射能被爆は海外では700億人分の致死量に匹敵するとも言われている。体調不良を訴える人が増えている。被爆に負けない智恵を出し合い、おかしな世界を変えよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃になって文部科学省は福島第一原発からの放射性物質の飛散量について、航空機を使って測定した放射性物質の汚染マップを公表した。9月27日のことだ。

これによって東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、250キロを超えて広がっていることが分かったというか、日本政府がようやく認めて公認せざるを得なくなったのだ。
汚染度の高い地域の帯は、原発から北西60キロ付近まで延びた後、南西に方向を変えて栃木県を越え、群馬県まで続いていたという。

放射性物質汚染マップ
放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137で最も蓄積が多かったのは県の北部
だ。
原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの一部で、1㎡10万~30万ベクレルというから、これは甚大な飛散量だ。
250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えたようだ。つまり長野産の農作物ですら安全とはいえない現実が目の前にある。
チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。
「汚染地図」をみれば福島第1原発から流れている放射性物質が、栃木県を越えて群馬県にまで飛散していることがわかる。
今回の「汚染地図」作成のための測定が実施されたのは8月23~9月8とのことであるが、福島原発事故発生から5ヶ月以上の間、文科省は、国民の健康被害に関する重大な案件に対して調査もせず、何をしていたのか。大量の農作物や畜産物は全国に流通し、検査もなくスーパーに出回り消費者の食卓に並んでいる。
原発から180キロも離れたみどり市・桐生市といった地域で、チェルノブイリに値を遥かに超える「10万~30万ベクレル」もの値が計測されたことについてはかなりショックである。
今回の汚染マップ公開は世界中の人々がもはや、日本政府、東電の発表する嘘報道を信用しておらず、政治的、外交的、人道的圧力からしぶしぶ、調査の公表をしなくてはならなくなったと見るのが正解であろう。嘘をつき捲ってきた日本政府、東電、御用メディアは解体するしかないだろう。
関連記事
スポンサーサイト

[2011/10/05 17:52] | 放射能被爆から身を守る
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。