福島第一原発事故による放射能被爆は海外では700億人分の致死量に匹敵するとも言われている。体調不良を訴える人が増えている。被爆に負けない智恵を出し合い、おかしな世界を変えよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩の産科クリニックで出産の異常が起きているという
木下黄太氏のブログより(転載) 東京の多摩地域の産婦人科のクリニックの情報です。そのクリニックは年間出産数が四百人弱。月間で六十人程度出産されるそうです。その際に、畸形や死産なども含めて出産の何らかの異常がおきる割合は、年間1人か2人程度。0.5パーセントくらいだそうです。ところが今月既に3人でそのような状況がおきはじめているそうです。『9月は始まったばかりなのにもう三人もそんなことになり今後を心配しております』と、その方もおっしゃっています。勿論、出産にまつわることはいろんな要素がありますが、頻度が増しているかどうかを慎重に調べなければなりません。しかし、原発事故発生から半年をすぎたこの時期から、出産にまつわる様々事象は、顕現化してくる可能性があります。

 他にも下記のような報告が、これも多摩地域から来ているので紹介します。
『府中市の小学3年生の息子さんが、5月の連休中に風邪で寝込みました。熱が38度くらい続き1週間ほど風邪の症状だったのが、微熱が続きだるい、だるいといって布団から出てこなくなってしまったそうです。連休が終わり学校に行きたくないからかと最初は思っていた親御さんも、あまりのだるさを訴える息子さんの様子がおかしく、さらにぶつけてあざになっている足がなかなか治っていないことにも、気がつき病院にいったところ「白血病の疑いあり」とのことで総合病院を紹介され、精密検査をすぐにすることになったそうです。結果は陰性だったそうですが、あまりに内部被爆の初期症状に似ているので、そういったところ、「まさかー」と笑われてしまいました。よく聞いてみると3月か4月かに二回ほど雨にぬれてびしょ濡れで帰宅してきたことがあるとのこと。今は元気に学校にもいっているので、きっとそんなことも忘れているようですが、心配です。』
転載終了
 
 木下黄太氏は三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。と訴えている。
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

木下黄太氏のブログには、「警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報」という内容を記載したことから、ツイッターやネットでも話題になっており、不安に思っている一般市民から「私も鼻血が出る」などのコメント数が一気に伸びている。という

木下黄太氏のブログに対して批判的な意見もあるようだが、わたしたちは、第一義的にマスメディアからの正確な情報を受けられない状況に置かれている。政府からの情報も怪しい。おおもとの原発事故の主体である東電と原発村という原発利権に係わる連中は嘘を垂れ流して平然としている。

どこからも正確な情報が得られないでいる多くの人たちは不安なまま、日々を手探りで過ごしている。
菅直人がリタイア直前に「首都圏3000万人の避難を想定していた。」
などの発言もあり、生命の危機を抱きながらの重苦しい生活を余儀なくされている。

木下黄太氏のブログは確かに、伝聞の類が多い。
木下黄太氏が日テレの報道局社会部に所属していた経緯から、ジャーナリストとしての資質を挙げて攻撃する者もいるが、今の段階では
木下黄太氏のブログはかなり貴重な存在であると思う。
単なる伝聞であっても、仮に近くの保育園で鼻血を出す子供や、下痢の続く子供が多くなっていると聞けば知り合いや、該当する保育園に聞きにいくような人もでてくるはずだ。

伝聞を伝聞だけで済ませるほどには今の現実は甘くはない。
生存がかかっているのだから、たくさん人たちが、参加をしてNHKなどの嘘つき人殺しメディアに対抗する情報網をつくるべきだ。
木下黄太氏を批判している連中の中には今回の東電や原子力村の学者たちにお墨付きを与えてきたウィキペディアをだしにしていることから見ても今の時代の危機的な認識が欠如しているのではないか。
とにかく、生き抜いて活路をみんなで見つけましょう。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/62a0d4f2fbddba9c43fd0abe164a3e7d
関連記事
スポンサーサイト

[2011/09/24 12:34] | 放射能被爆から身を守る
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。