福島第一原発事故による放射能被爆は海外では700億人分の致死量に匹敵するとも言われている。体調不良を訴える人が増えている。被爆に負けない智恵を出し合い、おかしな世界を変えよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余命一週間の癌患者が一週間後には歩き出して治癒してしまった例を筆頭に、その後も5000人を越えるガン患者や難病患者たちがすっかり治癒してしまったという松浦優之博士の「AWG治療」
「AWG治療」は、マイナスイオン電子波動を発生させるだけだ。
これほどの治療法が医師法違反、薬事法違反に問われ封殺された理由はひとの命を生贄とする、巨大な医療産業にある。
やく石の癒 - ソマチット マイナスイオン 01
http://www.youtube.com/watch?v=FLKQisiqbOs&feature=player_embedded
前回掲載した体調不良のひとつ高血圧について、どうやら喘息の薬メプチンが怪しいというところまでは分ってきた。もし、喘息の薬の副作用としてこうしたことに知見のある方がいたら教えていただきたい。
スポンサーサイト

[2012/11/12 10:07] | 封印されてきた治療法
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。