福島第一原発事故による放射能被爆は海外では700億人分の致死量に匹敵するとも言われている。体調不良を訴える人が増えている。被爆に負けない智恵を出し合い、おかしな世界を変えよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調が夏以降思わしくなく、疲れやすく夜10時ごろには床についてしまう日々が続いていた。
持病の喘息がちょっとしたことで起きるようになり、サルタノールという気管支拡張剤も効果がなくなってきた。
特定検診を受けにいくと、この時点で血圧が172もあり、胸のレントゲンでは肺全体が薄黒く映し出されていて、肺全体がアレルギーをおこしているということだった。このあと自宅で血圧を計ると208もあり、うろたえてしまった。
夏にはゴーヤの雄しべと、雌しべが合体したものがあつたが、どうやら、体調不良も大気の汚染に関係があるのではないかと考えるようになった。
じわじわ、身近なところで、自分自身の体にも異変が現れてきたのか。
このあと、まだ、やり残したことをやるためには、なにか、大きな決断を迫られているようだ。
Dr.Busby封印された #放射能 の恐怖 #Tokyo #Sesium 130000Bq by #Fukushima #Radiation
http://www.youtube.com/watch?v=QwhyHKNonEo&feature=player_embedded


Chris Busby,封印された放射能の恐怖<日本語訳・字幕↓:Jo2Rayden> Fukushima Radiation Tokyo Air conditioning filter High! *radioactivebsrさん2012/07/25公開 http://youtu.be/AOobTcwzElw *日本語字幕*
昨年、私は、ECRR欧州放射線防護委員会を代表して福島原発事故後に日本に行きました。私は、大量の放射性物質が放出された危険性とその隠ぺいを人々に知ってもらいたか¬ったからです。私は講談社から、欧州放射線防護委員会のモデルの見解と、研究室でのテストの結果、私たちが発見したすべてを、日本語の本で出版して貰えないかと依頼されま¬した。この本は出版されます。もし、あなたがこれを知りたいならば、本日、7/25に講談社から出版されます。事故による影響と、皆さんが知りたい政府の犯罪的な責任の隠¬ぺいについて本に書いてあります。この本では、入手した汚染範囲のデータを見られます。私たちは、米国大使館、および米国のエネルギー省から入手したファイルのデータを見¬られます。彼らは、汚染の拡散のほんの初期から放射性物質核種を測定していました。彼らは、東京が汚染されていくのを知っていました。米国大使館の屋上で計測していたから¬です。そして、データのすべてを本で見られます。放射性物質核種の汚染が、日本の人々に与える影響がわかるでしょう。特に東京で暮らしている人々への影響が。なぜなら、東¬京で暮らしている人々は、汚染からあまりにもはるか遠くなので、どんな健康への影響もないと、メディアによって偽って伝えられていたのです。しかし、欧州放射線防護委員会¬ECRRのモデルによれば、癌、心臓病、白血病および一般的な健康障害が起るでしょう。この本では、さらに、福島原発3号機が[核爆発]だったという証拠が判ります。これ¬は様々な大学当局により、米国内で測定されたキセノン放射性物質核種の比率に基づいています。隠ぺいの証拠、および核産業を守ろうとする日本政府と国際機関の双方による刑¬事責任が判るでしょう。私は健康への影響の隠ぺいについて、福島原発事故以来ずっと警告しています。また、その時以来、私たちは、放射能放出による危険の大変多くの証拠の¬断片を見つけました。皆さんは人々が理由なく突然死したり、心臓発作で人々が死んだり、心臓発作で子供が死ぬのを見続けているのです。私たちは、今、福島県の子どもの36¬パーセントが甲状腺に腫れが検出されたのを最近の調査の結果で知っています。皆さんは真実を知る必要があります。また、真実を知りたければ、この本を購入すべきでしょう。¬これは一片の証拠なのです。しかしながら、何が起こったのか、真実の恐怖なのです。高層アパートの20階の高さに住む東京中心部(東京タワーの近く)の女性から、ECRR¬の研究所へ送られたエアコンのフィルターですが、建物の内部のエアコンのフィルターです。つまり、これは建物の外部のものではありません。そして、このフィルターの物質は¬、13万Bq/kgのセシウムを示しました。また、さらに、ウラニウム、濃縮ウランの存在も示しました。そして、今まで言及されていない非常に危険な[鉛210]の放射性¬同位体 を検出しました。☞ http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/14.html したがって、私たちがこのフィルターの中を、どのようにして放射性物質を測定したか示します。本当の広範囲な放射能汚染について、今、見ることができるでしょう。ご清聴あ¬りがとうございます。 -END- 
関連記事
スポンサーサイト

[2012/11/01 10:47] | 放射能被爆から身を守る
トラックバック:(0) |

風邪薬の中身
避難しそびれた郡山市民
私は前から放射能の話はタブーだそうだから絶対するなと母に言っていたのに、母は高血圧の持病でかかりつけの医者に口を滑らせた。
数か月前のことだ。すると「放射能なんて何も影響はない。売っているものは何でも大丈夫だから食べろ」とその医師は言った。
ところが、それから医師の態度が豹変し非常に冷たいものになった。血液検査をしてもらっても、何故か今までと違い、全項目調べてくれない。「これも足りない」というと、待たせるだけ待たせ、全く見当はずれの項目を調べてよこした。
私たちは困惑した。こんなに不親切で訳のわからない思いをしたのは初めてだった。
しばらくして母と私が風邪をひいてそろって薬を貰いに行った。いつもと違う見たこともない薬を何種類もよこした。今の風邪は悪質なのだろうか?と何も疑わず服用した。ところがその薬を飲むたびやや具合が悪い。
母は風邪が軽かったので、その不気味な薬の服用を止めた。ところが私はあまりに咳の症状がひどく、その具合の悪さも風邪のせいだろうと続けて薬を貰いに行った。
「夜中咳がひどくて」と言ったら、何やらまた新しい薬をくれた。それで一服飲んだら今までにない体調不良で、食べ物と共に吐いた。
吐いてよかった。その薬の一つをネットで調べたら、副作用に心停止もある危険な薬と出た。よくよく慎重に処方すべしとあった。その医師のよこした他の薬…母の貰ったものも含め、副作用の強い、高齢者や持病のある人にはすすめられない物ばかりだった。
かかりつけの医者である。私たちの体質も知っていた。私たちは殺されそうになったのではという気持ちがどうしても拭えない。
今、私たちは体を温かくして栄養剤と休養で風邪を地道に治している。
その薬、ポルボノール錠、リン酸コデイン…どう思いますか?

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
風邪薬の中身
私は前から放射能の話はタブーだそうだから絶対するなと母に言っていたのに、母は高血圧の持病でかかりつけの医者に口を滑らせた。
数か月前のことだ。すると「放射能なんて何も影響はない。売っているものは何でも大丈夫だから食べろ」とその医師は言った。
ところが、それから医師の態度が豹変し非常に冷たいものになった。血液検査をしてもらっても、何故か今までと違い、全項目調べてくれない。「これも足りない」というと、待たせるだけ待たせ、全く見当はずれの項目を調べてよこした。
私たちは困惑した。こんなに不親切で訳のわからない思いをしたのは初めてだった。
しばらくして母と私が風邪をひいてそろって薬を貰いに行った。いつもと違う見たこともない薬を何種類もよこした。今の風邪は悪質なのだろうか?と何も疑わず服用した。ところがその薬を飲むたびやや具合が悪い。
母は風邪が軽かったので、その不気味な薬の服用を止めた。ところが私はあまりに咳の症状がひどく、その具合の悪さも風邪のせいだろうと続けて薬を貰いに行った。
「夜中咳がひどくて」と言ったら、何やらまた新しい薬をくれた。それで一服飲んだら今までにない体調不良で、食べ物と共に吐いた。
吐いてよかった。その薬の一つをネットで調べたら、副作用に心停止もある危険な薬と出た。よくよく慎重に処方すべしとあった。その医師のよこした他の薬…母の貰ったものも含め、副作用の強い、高齢者や持病のある人にはすすめられない物ばかりだった。
かかりつけの医者である。私たちの体質も知っていた。私たちは殺されそうになったのではという気持ちがどうしても拭えない。
今、私たちは体を温かくして栄養剤と休養で風邪を地道に治している。
その薬、ポルボノール錠、リン酸コデイン…どう思いますか?
2012/11/01(Thu) 13:03 | URL  | 避難しそびれた郡山市民 #tITeVIvM[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。