福島第一原発事故による放射能被爆は海外では700億人分の致死量に匹敵するとも言われている。体調不良を訴える人が増えている。被爆に負けない智恵を出し合い、おかしな世界を変えよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発労働者の歯がボロボロになるのは常識らしい。
(薔薇、または陽だまりの猫さんのブログ 2011/8/31 元記事は産経新聞)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/36ccd2c4990ff1ce9ae801a62f9d7ae9


ストロンチウム90は半減期29年、カルシウムと似た性質を持つため、体内に取り込まれると
骨や歯に蓄積され、高エネルギーのベータ線の放出により、骨折しやすくなる、あるいは
歯が抜けたり欠けたりします。さらに骨髄がダメージを受けて白血病になります。
ストロンチウム90の危険度はセシウムの300倍以上と言われています。

ケンカで殴られたとか、つまずいて前歯を強打したというのならともかく、
歯がボロボロ簡単に欠けるということは有り得ません。

ここに挙げた例すべてがストロンチウム90のせいだとは言いませんが、
これだけ多発している以上、その影響を否定することはできません。

心配御無用というのなら、政府・自治体はきちんと汚染、被ばく状況を調査・公表して
国民の不安を解消すべきですが、何とか事実を隠そうと必死です。

「毛髪・乳歯による内部被ばく検査を隠蔽する政府と報道」 
(小野俊一先生のブログ 2012/12/20)
http://onodekita.sblo.jp/article/60915115.html
スポンサーサイト

[2014/02/12 17:58] | 放射能被爆から身を守る
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。