福島第一原発事故による放射能被爆は海外では700億人分の致死量に匹敵するとも言われている。体調不良を訴える人が増えている。被爆に負けない智恵を出し合い、おかしな世界を変えよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボラの流行は人を騙すもので、実際は、人を殺すためのナノボットを仕込んだワクチンを強制的に注射する目的がある
どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな  
転載

http://nesaranews.blogspot.jp/

NO MATTER WHAT the story, DO NOT get vaccinated, a new bioweapon is being distributed via vaccines




このレポートは1971年に投稿された、ファージの写真付きのグーグル書籍”New Scientist”を 更新するものです。グーグル書籍が偽情報ではないとしてもこのファージレポートは正確です。このファージはイスラエルが生物兵器として用いるように選択し たものであり、グーグル書籍は印刷版ではなく、要求に応えられるものではありません。(容易には変更できないように)紙に印刷してほしいものです。




人々を傷つける開発中のナノボットに就いては多くのレポートがあります。このレポートは実際にナノロボットとそれが何に基づいているかに就いて述べています。このナノボットである生物兵器によって汚染されたワクチン注射を受けると、この生物兵器は自分のDNAを 細胞中に挿入し、自分自身でこれをもっと製造するように細胞に指令するので自己増殖します。この増殖は細胞が過剰労働で死に至るまで止まることがありませ ん。これは2007年に研究室で確認されました。抗ワクチン代替ニュースのウエブサイトは直ちに、グーグルのキャッシュも1時間以内に消去されます。これ はなぜでしょうか?実際にはほとんど疑問の余地はありません。この答えは明らかです。闇のカバールは今この生物兵器T4バクテリアファージナノボットや他の物質で汚染されたワクチン添加物入りのワクチンを強制注射で一度に全世界に広げようとしています。偽のエボラ騒ぎで人々を怖がらせて、全ての人に短い時間の間にT4ナノボットを仕込んだ注射を受けさせようとしているのです。




フライト370やウクライナなどの問題以上に、エボラ騒ぎの最中に抗ワクチンのウエブサイトを消去するのは、私たちが注意すべき偶然の一致です。これがニュースであり、これを逃したら私たちは死に至ってしまいます。




同様なウエブサイトの消去を見付けたらNWO(新 世界秩序)と言われる闇のカバールの人口90%削減計画と、容易に管理可能な小さい奴隷化都市のことを知るべきです。偽のエボラ出血熱流行よりも大規模な 人口削減を防止する方が良いはずです。本当の病気は人を守るふりをした強制ワクチン注射によってワクチンとしてばらまかれるものなのです。




本当の流行の形 で広まった病気に闇のカバールがかかって、自分たちが死にたいとは思わないと、賭けをすることも出来ます。彼らはそうではなくて、悪辣な手段で入手した税 金として支払われたドルを使って、犠牲者に、多分10%は何事も無く安全で残りの90%は生命に危険を及ぼすワクチン注射をすることに思い至ったのです。 もしもこの病気が全く非伝染性で、注射を通じてのみ広まるのだったら、世界中の人が死んでいっても彼らは安心していられるのです。




これが彼らが熱心にワクチン注射を推進している理由であ り、今活発に政治的な反対を抑え込もうとしています。波を起こさない内にこのウエブサイトが有名にない過ぎて迅速に消去されてしまうことは確かだと思って います。ですから消去されないうちに人々に警告し、被害を受けないようにしてほしいと思います。




エボラの流行は人を騙すもので、実際は、人を殺すためのナノボットを仕込んだワクチンを強制的に注射する目的があるものと思われます。
スポンサーサイト

[2014/09/06 19:03] | 殺人医療
トラックバック:(0) |
患者にとって医者の立場は、一方的に命の裁量権を行使されるたいへん怖い存在です。悪態をついたり、批判的な態度を取るとどのような酷いことをされるか分りません。多少の疑問は押し殺して医者の言いなりの治療を受けざるを得ないのが現状でしょう。患者を薬漬けにして儲けまくる医者や製薬会社の実体はほんとうに酷いものです。人間的に問題のある
医者も増えてきています。
癌患者が死ぬのは、実は癌がそのものが原因ではなく、抗がん剤で寿命が縮まるからという現実も現実の医療制度と医師たちの人間性の劣化としか言いようのない有様です。
そういう医療や製薬会社の実態をよく知っておく必要があるでしょう。

がん放置療法のすすめ
内容紹介
◎著者・近藤誠
第60回菊池寛賞受賞!
◎医療と薬を遠ざけて元気に長生きするための47の心得
病院に行く前に、かならず読んでください
【構成】
■第1章 どんなときに病院に行くべきか
心得1「とりあえず病院へ」。あなたは医者の“おいしい"お客様
心得2「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる
心得3 医者によく行く人ほど、早死にする
心得4「血圧130で病気」なんてありえない
心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
心得6 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下
心得7 がんほど誤診の多い病気はない ほか
■第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
心得15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
心得16「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない ほか
■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす
心得21「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」
心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと
心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0・05% ほか
■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得
心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ
心得28 ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から
心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」
心得30 ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする
■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
心得34 22時から2時にどっぷり眠る。「超」早寝早起き健康法のすすめ
心得35 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
心得36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者
心得37 「手当て」でストレスを癒す ほか
■第6章 死が恐くなくなる老い方
心得42 ポックリ逝く技術を身につける
心得43 いきなり進行がんが見つかったらどうするか
心得44 喜怒哀楽が強い人ほどボケない
心得45 100歳まで働き続ける人生設計をする ほか


[2013/12/23 17:37] | 殺人医療
トラックバック:(0) |
ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv .
コメント
1957年に発売されたスインバーン・クライマー著『裏切りの時代』と題する本があります。共産ソ連では政治犯用刑務所でフッ素が添加された飲料水を使い、共産中国では人口増加を抑制するために飲み水にフッ素を添加し、ナチスでは占領区域の飲料水にフッ素を添加していたと書いています。フッ素添加の有効性を否定する多くの信用出来るデータがあるにもかかわらず、アメリカでは水道水へのフッ素添加の禁止どころか、その問題性についての討議の動きさえ見えません。これも企業の利益と人口削減の2点から見ると、非常に納得出来ます。そもそもフッ素を飲み水に加えるというアイデアを一般に奨励したのは、医者でもなく歯科医でもありません。フッ素による環境汚染訴訟の保障問題におびえる企業を救うために動く、ピッツバーグにあったメロン研究所の生化学者ジェラルド・コックスによってであり、時は1938年のことでした。そしてコックスにフッ素の添加を勧めたのは、当時のアメリカの最大にして唯一のアルミ製造会社ALCOA(アルコア)の理事だったフランシス・フレアーです。




[2013/01/12 17:07] | 殺人医療
トラックバック:(0) |
船瀬俊介氏『抗がん剤で殺される?薬って毒なの?』ダイジェスト版
http://www.youtube.com/watch?v=sDoLCJWf1Vc&feature=related




紹介
ワールドフォーラム8月連携企画 「統合医学医師の会公開講演会」
http://www.worldforum.jp/report/2011/8.html
『抗がん剤で殺される?ハラダヨシオも殺された?薬って毒なの?』 ダイジェスト版
講演:船瀬 俊介 氏(医療・環境・消費者問題評論家)

全講演を収録したDVDはこちらからご購入いただけます ↓
http://worldforum.cart.fc2.com/ca25/116/p-r4-s5/

船瀬俊介氏プロフィール・・・1950年福岡県田川郡添田町生まれ、69年九州大学理学部進学、70年同大学中退、71年早稲田大学第一文学部入学。早大生協の消費者担当¬の組織部員として活躍し学生常務理事として生協経営にも参加。約2年半の生協活動の後日米学生会議日本代表として訪米。ラルフ・ネーダー氏のグループや米消費者同盟(CU¬)等を歴訪。75年同学部社会学科卒業。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。86年独立後は消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行い現在に至る。¬90年にラルフ・ネーダー氏らの招待で渡米。多彩な市民・環境団体と交流を深めている。


日本から「癌と難病をなくす為の講演会」
統合医学医師の会8月公開講演会 2011年8月21日(日)開催

◆講演1 『自分で出来る癌早期発見法とは?再発と転移を防ぐには?』
 講師:前田華郎先生(アドバンス・クリニック横浜院長、医学博士)
◆講演2 『抗がん剤で殺される?ハラダヨシオも殺された?薬って毒なの?』
 講師:船瀬俊介氏(医療・環境・消費者問題評論家)
◆講演3 『最先端栄養療法で、日本から、がんは5年で消滅する!?』
 講師:宗像久男先生(統合医学医師の会新会長、ナチュラルクリニック代々木元院長)
◆パネルディスカッション 『がん・難病と、統合医療の現状・未来について』
  パネラー:ご出席の統合医学医師の会会員医師全員の参加

統合医学で健康になる会
http://togoigaku.net/

[2012/08/13 20:10] | 殺人医療
トラックバック:(0) |
目覚めよ!
今、全ての常識と社会システムを問い、新たな地平を切り開かなければ未来ない。
全部が嘘だった!?

[2012/05/13 20:25] | 殺人医療
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。